FC2ブログ

貸株サービスの利用とりやめ

メリルリンチとAIGが救済された。リーマンの破綻はともかくも、両社が救済が必要とされるほどの状態に陥っていたというのは、ぼくにとっては驚きだった。

ぼくは、単に驚いていただけで、自分がなにかしなきゃいけない、とは全く思ってなかったが、今朝、自分がネット証券の貸株サービスを利用していたのを思い出した。ぼくの資産の20%を占める日本株はぜんぶ貸株に出していたのだ。

この環境でノホホンと資産の20%をネツト証券の信用リスクにさらしておくのは賢明でない気がした。よく考えれば、平常時でもあんな微々たる手数料収入のために自分の資産の20%を単一の信用リスクにさらすのは考えものだ。信用リスクをとるのなら十分なリスク分散をしなければならぬ。

というわけで、本日、貸株サービスの解約手続きをした。実際に、リスクから逃げられるのは、執行される9/24となる。

こうして、微々たるものだが僕もマーケットの信用収縮の片棒をかついでしまったというわけだ。

投資の機会(2)

7/18金に不動産会社のゼファーが民事再生法を申請した。メリルリンチやシティの四半期決算もサブプライムにより赤字が続いているようだ。東証リート指数は更に低下しそうな感じ。

週明けに、STAM J-Reit インデックス オープンの買い増しをすることにした。これで、残る資金は、J-Reitの個別銘柄の指し値で拘束されている分だけになる。今後、更なるJ-Reit市場の悪化があっても、投資資金は枯渇してしまっている。

もし、そうなったら、騰がっているブラジルの株式投信や商品投信を一部売ってJ-Reitに投資することを考えることにことにしよう。

投資の機会?

先週末、原油価格が高騰して、NYの株式市場が下がったようだ。

このところ、東証リート指数は、東証株式指数との連動性が低下しているように思えるが、NY株安を受けて月曜日の東京株式市場の悪化→J-Reit指数の悪化を予想する。

これを機に、懸案のSTAM J-Reit インデックス オープンの買い増しを行うことにした。

STAM J-REITへの追加投資

5月にSTAM J-Reit インデックス オープンを買ってから、ベンチマークである東証リート指数が低下してきている。J-Reit指数の5%を超える利回りはすでにぼくのストライクゾーンである。

明日の朝、起きてモーニングサテライトでニューヨーク株が低下していたら、5月に投資した金額の半分の金額で追加投資しようと思う。5月に投資した金額の半分なのは、流動性が枯渇しつつあり、同額投資すると、フルインベストメントになるためであることと、基本的にはJ-Reit指数はまだまだ弱含みだと思うためだ。

とはいえ、値段がストライク・ゾーンのうちにアセット・アロケーションのJ-Reit投資割合分を買っておきたいものだ。

夏の臨時収入

もうじき、夏の臨時収入が入る。

投資するとすれば、STAM J-Reit インデックス オープンの買い増し。先月、投資してから5%程度下落している。ナンピン買いをするにはまだ、下がり方が中途半端な気がする。

一方で、狙っていたJ-Reitの個別銘柄はあまり下落していない。本当はこの銘柄が下落したところを買うのが一番なのだが、最近の動きをみていると価格下落を待ってもムダな気もする。

マネックス証券の投信の販売手数料キャッシュバック・キャンペーンを利用して、新興国債券の投信を購入することも選択肢。

いずれにしても、この次ぎに投資実行すると流動性が払底し、フルインベストメント状態になる。流動性がなくなってから、マーケットが悪化すると心理的な余裕がないのでつらくなるのは必至で、精神面で耐えられるのか心配である。

しばらくは、マーケットをウォッチしながら思い悩むことにしよう。
プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク