FC2ブログ

情報と株価変動

ある情報に対して株価がどう反応するかは単純ではない。2-3ヶ月前に、たしか、東芝だったと思うが高画質のDVDの規格争いで破れて、その会社が同事業からの撤退を発表したと朝のニュースで聞いた。その日のその会社の株価は下がると思ったが、実際はかなり上昇した。投資家は、不毛な分野での消耗戦からの撤退を好感した結果、株価が上がったという解説がされていたと記憶している。

財閥系不動産会社の株価や、オフィス系Reitの株価は、先月のボトムから比較してかなり上昇しているようだ。日本の不動産価格は、すでに下落に転じたと思うのでこれらの価格は下げると予想していた。しかしながら、米国の金融機関の信用不安がやや和らいでリスクプレミアムが縮小したのでこれらの株価が上昇したのだと思う。

このように、僕の価格変動の予想は実績として当たってない。よって、価格変動の予想に基づく投資はあきらめて、毎月、インデツクスファンドに定額投資をするのが合理的かもしれない。僕のスタンスは、長期・分散でアセットアロケーションを意識している。でも、投資タイミングやアロケーションのリバランスについては固定的にやる気がしない。

長期投資については、個人の欲望を燃料として経済を成長させる資本主義のメカニズムに対しては長く社会人をやってきて実感として確信がもてる。分散投資については、マーコヴィッツのポートフォリオ理論とその検証によりその必要性は認められる。でも、ランダムウォーク理論については検証結果がどうあれ、直感的に納得できないところがある。将来の資産価格変動の予想について、研鑽を積めば、100回投資すれば、55対45くらいの比率で勝つことは不可能ではない、のではないかと思っている。

日本と世界の経済の動向、個別企業の動向、投資家心理等の分析について研鑽をちゃんとしようと思う。


スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク