FC2ブログ

為替リスクについての考え方のメモ

ぼくのポートフォリオの為替リスクを更に高める(=外貨資産割合増加)方向で考えているが、ここで頭の中を少し整理しておきたい。

1.相場観

法則①貯蓄率の低下は貿易収支のマイナス要因である。(マクロ経済学)
  ②生産性伸び率の高い国の通貨は強くなる。(田中泰輔氏)

日本では、高齢化が進むので貯蓄率は低下して、生産性の伸び率も低下する。よって10年以上の長期タームでは「円安」となる。
(しゅうんの現在の相場観。高齢化=生産性の伸びの低下と考えるのは短絡的な気もする。今後、為替相場見通しの考え方については勉強を要す。)

しかしながら、現在の水準は円キャリートレードの影響により、円は過少評価されていると思う。円金利の上昇により日本と欧米の金利差が縮小すると円キャリートレードのアンワインドが発生して「円高」局面がくる。

2.外貨買いポジションを許容する考え方

①外貨資産のリターン以上に「円高」にならなければ良い。債券ならば金利差以上に「円高」にならなければよい。長期でみれば相当の円高レベルがブレーク・イーブンポイントとなる。

②将来、早期リタイアをして世界中を旅行するつもり。将来の旅行費用は外貨建の負債と考えられ、外貨資産のうちの見合い部分はポジションはスクウェアと考えて良い。

③ぼくの退職金収入、年金収入等の将来キャツシュフローは円建てである。ぼくは現在の金融資産以上に円建資産を保有していると考えるべき。

3.ぼくの当面のアクションプラン

①ユーロ建の債券/債券投信に投資するが、為替相場が「円高」に動くのを待つ。投資予定資産は、流動性にキープする。

②毎月の積立投資(現在検討中)は、当然、為替相場によらず実行する。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク