FC2ブログ

2007年第2Qレビュー

第2Qが終了したのでレビューしてみる。

①仕事で充実した毎日を送る。
ストレスが溜まる日々。早期退職目標まで、あと3.5年(出勤日数880日)の辛抱と自分を励まして過ごした。

②日常生活をコントロールして健康になる。年末体重目標73㎏。

毎日、だいたい15000~20000歩歩いた。お酒も特に仕事のストレスが強かった日を除き、平日の禁酒はほぼ達成。但し、ゴールデンウィークにリゾートで毎食毎にワイン1本飲み、食間にはビールにカクテルという生活をしたので5月下旬の尿酸値検査は8.1とアウト。当分、今の生活を続けて様子をみる。6月末の体重は75㎏弱で、年末目標体重73㎏に向け順調。

③資産運用についての勉強をする。

読みかけの英語の本はGWで行ったリゾート地に持参したが読めず。チャートの本を2冊購入するも途中までしか読めていない。一方で、読了したのは、山口揚平氏、榊原正幸氏、木村剛氏・三原氏(共著)の著書。

現在の問題意識としては、株式市場の長期低落局面や円高局面のダメージ緩和策の検討。株のショートや外為証拠金取引での円ショートの練習をしておくべきかどうか。その前に、そのとき相場の動きが読めるのか?とういう大問題がある。

④投資の実行とモニタリングをする。

第2Qの運用実績は好調。新興国株式のアロケーションが高いのでポートフォリオのリターンは、新興国株式に振り回される傾向がある。 2007/6単月でみると新興国株式が大幅プラスで、外国債券がマイナスになり、狙い通りの逆相関になったが、外国債券の振れ幅は新興国株式に比べ小さいのでヘッジ効果は限定的なものに留まっている。

趣味としての投資枠を設定し、2銘柄購入。株価下落途中に購入したらそのまま下げ続けた。少し含み損を抱えている。購入タイミングが悪かったと反省し、チャートの勉強を決意するも、チャートの本は面白くないので挫折。

第3Qの投資は、ユーロ建株式のETFをネット証券が取扱を開始することを信じて待つ。あとは、米国株式の高配当株ETF、小型株ETF及び商品ETFへの投資を検討する。今までやったことのない商品として、スワップ狙いの外為証拠金取引を少額で始めることも検討する。

仕事のストレスが高まると、どうしてもマツサージを受ける頻度が高まる。この出費はやむをえない必要経費と思うことにした。その代わりと言ってはなんだが、外為ドットコムのキャンペーンに応募して1万円をゲットすることにした。外為ドットコムは時々、現金プレゼントのキャンペーンをやっているようだ。今後、キャンペーン情報に注意しようと思う。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク