スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデル著「それをお金で買いますか?」

サンデルの「それをお金で買いますか?」を読む。

サンデルは市場で売買対象にするのにふさわしくないものが売買対象にされていることに警鐘をならす。

テイトマスの「贈与関係論」の以下の議論をサンデルは採用。
血液の商品化は貧しい人々からの供給を増やす。これは貧しい人々を食い物にすることで「公正」の観点から問題がある。また、血液を市場の商品にすると、人々の献血への義務感が蝕まれ利他精神が損なわれるのは「腐敗」であるとする。

市場と国家の観点から市場の限界を考える以外にも、「公正」、「腐敗」の観点からも考えるべきことが判った。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。