FC2ブログ

「なぜあの人は楽しそうに働くのか」を読む

心理カウンセラーの中越裕史著「なぜあの人は楽しそうに働くのか」を読む。

非常に読みやすい本。今の仕事がイヤだと感じている人に転身の勇気をあたえてくれる。

キャッチコピーの「好きを仕事にするなんて甘い!のだろうか?」「仕事を楽しむことに運も能力もいらない、少しの勇気とスモールステップの原理で本気でやりがいを感じる仕事が見つかる!」は、この本の中身を適切に要約している。

以下、キイワードやポイント列挙。

・ヨナ・コンプレックス=自分自身の能力や自分自身の可能性が広がることを心のどこかで疑い、恐れ ること。

・スモールステップ(小さな行動、楽しい行動、毎日できる行動)で、まずは変化を恐れる自分の無意識を変化に慣れさせる。

・スモールステップの実例、1日最低5分ピアノを弾く。→ピアノ演奏家の名刺をつくる。

・過去にがんばれた経験がその人のやる気のヒントになる。

 劣等感をバネにがんばれる、
 競争をすればがんばれる、
 計画を立てればがんばれる、
 自由にやればがんばれる、
 適度な目標でがんばれる、
 ほめられればがんばれる、
 ご褒美があればがんばれる、
 追い込まれたらがんばれる、

・人間のモチベーションは、「認知」「情動」「欲求」の3つが複雑に絡み合い成り立っている。
ex. 収入がよくて高学歴だから結婚したい=認知的側面
    世間体を守りたい(承認欲求)ので結婚したい=欲求的側面
    ずっといっしょにいたいので結婚したい=情動的側面
    結婚においては「情動」が最重要

・「やりたいことがわからない」は実はやってみたいことがあるけど挑戦する勇気がないでは?

・好きなことを仕事にしたいと思うなら「うまくやらねばならない」という思いを捨てる必要がある。そうしないと楽しくなくなる。

・続けられるかどうかは失敗を受け入れられるかどうかにかかっている。

この本を読んで、まず、次の仕事として「保父」を選択肢に入れようと思った。

ぼくは、自分が幼児と遊ぶのが好きなことと職業を結びつけて考えられなかったが世間体とか、体力を考えなければ「あり」かもしれない。

でも、次ぎに、「泣きわめく幼児にはイラッとするので、嫌いである。」と考えた。やっぱり、これは「なし」か?

このような考え方がヨナ・コンフ゜レックスか? まあ、ゆっくり考えよう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

ありがとうございます!

はじめまして。この本の著者の中越裕史です。
自分の本の名前で検索していて、このブログにたどり着きました。

紹介していただいてありがとうございます!
何かしらの気づきがあれば幸いです(^_^)

光栄です。

中越さん、

すばらしい本の著者の方にコメント頂けて光栄です。

スモールステップを是非、実践したいと思っています。
プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク