FC2ブログ

「定年までに考えておくこと」を読む


公平良三著「定年までに考えておくこと」(扶桑社新書)を読んだ。

著者は、「現役」と「シニア」の間に「プレシニア」という時代をおく生き方を推奨している。プレシニアとはサラリーマンが会社を退職したあと、シニアとして完全に引退するまでの間、インデペンデント・コントラクターとして月に10万円程度を稼ぐ生き方である。

インデペンデント・コンストラクターなら働く時間は自由、働く場所も自由、(組織人としての)ストレス・フリーで、かつ、自分が引退すると決意するまでの間は、社会と関わり仕事をし続けることが可能である。

月10万円の収入を目的とするので、当然、それだけでは食べられないので生活費を補う資産の蓄積や年金受給が前提である。

著者はWOTS分析(一般にはSWOT分析と呼ばれる手法)で、サラリーマンをやっているうちに、自分の弱み(Weakness)、機会(Opotunity)、脅威(Threat)、強み(Strrength)、を客観的に分析して、今の自分になにが足りないかを知ることが大切という。

著者は自分に足りないところを補う目的で、独立前に転職することを推奨している。

会社を辞めてから、インディペンデント・コンストラクターとして働くというのは魅力的なアイデアだと思った。ぼくにも、何かできることはないだろうか?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク