FC2ブログ

ライフプランの作り方

リタイア後の資金計画を考えるとき、まず、問題になるのは自分が何歳まで生きるのかが判らないことである。

また、資金計画を作成するためには、何歳で何をするというライフイベント表を作成する必要がある。

これらを考える際に、厚生労働省が発表している「生命表」が参考になる。

生命表についての厚生労働省の説明は以下である。(厚生労働省ウエブサイトより転載)

「生命表は、ある期間における死亡状況(年齢別死亡率)が今後変化しないと仮定したときに、各年齢の者が1年以内に死亡する確率や平均してあと何年生きられるかという期待値などを死亡率や平均余命などの指標(生命関数)によって表したものである。」

生命表は男女別に作成されており、10万人の母集団が誕生してから、その母集団の人数が徐々に死亡により数を減少してゆく様子がわかるようになっている。

以下は、2005年生命表から数字を拾ったものである。
 
生命表
 

50歳

95,520

97,566

60歳

90,233

95,086

70歳

79,195

90,058

80歳

55,242

76,839

90歳

19,285

42,706

100歳

  1,188

  6,090



これをみると、男性の場合19%の人が、女性の場合43%の人が90歳まで生きることが判る。女性の場合、約10%は98歳まで生きる。思ったより長生きする可能性が高い。リタイア後の資金計画を何年後まで作成するかは人それぞれであろうが、ぼくは93歳(生存数10,632)まで生きるものとして資金計画表を作成し直すことにした。

次ぎに生命表で着目したのは、男性の60歳の90,233である。90%は60歳の誕生日を迎えられるが、逆にいえば、10%は、それまでに亡くなるということである。死ぬまでにやっておきたいことは、なるべく早く実現しておくに限る。ライフイベント表は、重要なものから極力前倒しで実現させる計画にして作成しようと思った。

「生命表」をみて、長生きリスクと短命リスクへの対応を考える必要性があることを感じた。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク