FC2ブログ

2008/12のアセット・アロケーション

2008/12のアセットアロケーションを1年前と比較してみた。

特に新興国株式は大きく評価額を減少させたためアロケーションが14%低下している。この1年間、日本のリートを中心に新規投資したため、日本リートが資産の14%を占め、新興国株式の減少分が振り替わったかたちになっている。

保有していた外国債券を1/3くらい売却して先進国株式、新興国株式、商品に投資したが、外国債券はほぼ1年前の円ベース時価を保持していたに対し、株式、商品は大きく評価額を低下させたため外国債券の割合はほとんど変動していない。タクティカル・アセット・アロケーションを標榜しているが現在のところ普通のリバランスの域を出ていない。

2007/12のアセット・アロケーション

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー


2008/12のアセット・アロケーション

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー


投資信託のガイド/ファンドの海(http://guide.fund-no-umi.com/)提供のグラフ作成ツール使用

2008年の新規投資をすべて2008/1/1に実行したものとして計算した資産の時価の下落率は-47.3%と悲惨な結果になった。特に悪かったのは新興国株式で下落率-68.7%でアロケーション上、新興国株式の割合が大きかったので全体に響いた。

やはり大きく値上がりしたアセット・クラスは売却して、大きく値下がりしたアセット・クラスに投資するリバランスをすべきであった。来年は、世界の株式市場の低迷が続くようなら、残りの米国ゼロクーポン債を2回に分けて売却してTOK(日本を除く先進国株式ETF)に投資するつもりである。

なお、2008/12のアセット・アロケーションのリスクは7.82%、期待リターンは6.15%となる。期待リターン、リスク、相関係数は野村金融研究所の2005/6の「リスク・バジェッティングとオルタナテイブ投資」の中にあった表から借用し、手計算で算出した。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク