FC2ブログ

この1週間(12月第1週)

歩数ジム備考
3土6,937
4日12,538
5月841
6火17,387歯科受診
叙々苑(後楽園)/ユッケジャンうと゜ん
天龍(銀座)/餃子、麻婆茄子、青菜炒め、炒飯
7水0
8木10,510コンパクトデジカメ講座(第2回)
インドの集い/マルカス氏講演@インド大使館
古月(新宿御苑)/麻辣豆腐
9金552
6,966体重72.80㎏(前週比-0.05㎏)

寒くて引き籠りがちな1週間。 平均歩数が7,000歩を切った。最低でも10,000歩はキープできるようにしよう。
ウイークデイの家呑み自粛は継続中。夜にお酒の代わりにアイスクリームや、スナック菓子を食べて紛らわしている。ダイエットの観点からはダメだが、アルコール中毒予防と肝臓の養生のためなのでよしとする。

3月下旬にハロン湾とアンコールワットの旅をすることにして、予約をした。期間は、ギリシャ・トルコ旅行の半分だが費用は2/3かかる。妻の希望で、よいホテルのパッケッージ旅行にしたのでやむをえない。

マルカス(立川談デリー)氏の講演で、印象に残ったのは以下の点。

インド人は、自分に現世でおきていることは自分が前世にしたことによって予め決められていると考えている。隣の人が裕福で、自分が貧しくても、それは前世によるものなのでしようがないと甘受して、「自分も頑張れば豊かになれる」というようには考えない。このような考え方は、昔のバラモンがみんなを生き易くするために考え出したもの。いちがいにいいとか悪いとは言えない。インドではカーストによる差別はやめようとしているが、カーストそのものを廃止する運動は存在しない。

スポンサーサイト



国が栄える条件

国の繁栄の条件について、書かれた本を続けて読んでいる。

①「最強国の条件」エイミー・チュア著
②「繁栄」マット・リドレー著
③「豊かさの誕生」ウィリアム・バーンスタイン著

それぞれ、本の題名のキイ・コンセンプトが、①寛容さ、②財・サービス・アイデアの交換、③私有財産制・科学的合理主義・効率的な資本市場・効率的な運輸・通信手段のセット、であることを論証しようとしている。

①②は、結論ありきで論理の運びが強引な面があるが、③は多角的に論証しており、最も説得力がある。
プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク