FC2ブログ

この1週間(5)

歩数ジム備考
22土9,095○天香回味(銀座)/薬膳火鍋
23日11,429漕X2
24月11,810○れもん屋(飯田橋)/肉玉そば
25火13,089不飲○港家(麹町)/醤油ラーメン
26水11,118
27木21,191漕X2不飲○叙々苑(後楽園)/カルビうどん
28金15,697飲み会(淡路町)
13,347体重71.85㎏(前週比-2.20㎏)

走  : ジョギング5㎞
槽x2 :エアロバイク2時間

1週間休まず、毎日、有酸素運動。
体重はジムで、運動直後に測定したため、かなり軽めになった。

仕事の担当が来週から変更に。早く慣れなくてはならない。
スポンサーサイト



豪ドルMMF購入


豪ドルが対円で下落して73円台になっている。

オーストラリア経済は堅調で高金利(豪ドルMMF金利3.754%)、同国が資源国であることを考えれば、この水準は魅力的と思い、少額であるが昨日、MMFを購入してみた。

ギリシア問題によりリスク回避の動きが強まり、豪ドルに限らずリスクアセットの相場が下落している。ボーナスは2年前の半額しか貰えないが、せめてボーナス支給までは現状の相場状況が継続してもらいたいと思う。


この1週間(5月第3週)

歩数ジム備考
15土22,884東洋思想への誘い~インド哲学・仏教のエッセンスを探る~①ブッダの神格化
岩井昌悟東洋大学文学部准教授@東洋大学
朝日名人会/三遊亭きん歌「ぞろぞろ」、古今亭菊之丞「お見立て」、柳亭市馬「宿屋の仇討」、柳家喬太郎「松竹梅」、立川志の輔「帯久」@有楽町朝日ホール
16日10,931
17月21,080不飲●二代目つじた(麹町)/つけ麺
18火21,450漕x2不飲
19水20,832不飲白酒ひとり/桃月庵白酒「豆屋」「化け物使い」「船徳」@内幸町ホール
20木18,677不飲●れもん屋(飯田橋)/肉玉そば
21金11,983不飲メタボリックシンドロームの予防法③/角尾肇日本女子大学特任教授
@淑徳大学池袋サテライトキャンパス 
●無敵家(池袋)/味噌つけ麺大
18,262体重74.05㎏(前週比+0.50㎏)

朝日名人会での志の輔「帯久」は、つまらない噺なのでやる人が少ないということであったが志の輔がやると、聴かせる噺となった。さすがである。

白酒「船徳」は、若旦那の船頭が助けを求めると、岸から女の子が声援して元気になるシーンを盛り込んだ工夫が良かった。

メタボ予防法講座最終回。癌細胞は低酸素状態でも増殖するが正常細胞は低酸素状態に弱い。運動をして血液循環を良くすれば細胞に酸素が回りガン細胞の増殖を抑制できる、とのこと。運動に力を入れている私としては、意を強くして運動を続けようと思いを新たにした。

この1週間(5月第2週)

歩数ジム備考
 8土12,756漕x2○整体
 9日10,863●れもん屋(飯田橋)/肉玉そば
10月19,116不飲●二代目つじた(麹町)/つけ麺
11火31,119不飲
12水20,111漕x2不飲
13木19,932不飲●くるり(市ヶ谷)/味噌玉大
14金19,100不飲メタボリックシンドロームの予防法②/角尾肇日本女子大学特任教授
@淑徳大学池袋サテライトキャンパス 
●無敵家(池袋)/本丸麺大
18,999体重73.55㎏(前週比-1.10㎏)

漕  : エアロバイク1時間
漕x2 : エアロバイク2時間

前週から始まったメタボリック・シンドロームの予防法のセミナー受講によりモチベーションが上がり、節酒、ジム通い、ウォーキングに務めた結果、体重は減少。

ラーメン3杯/週(うち2回は大盛り)は、血圧のことを考えれば、食べ過ぎ。今後は、2杯/週に抑えたい。

「裸のサル」の幸福論


「裸のサル」の幸福論(デズモンド・モリス著、新潮新書)を読んだ。著者は、幸福の源泉として17の類型を提示している。

1.標的の幸福~達成者、適切なレベルの目標を設定して達成する幸福
2.競争の幸福~勝者、相手を打ち負かす幸福
3.協力の幸福~助ける者、協力本能の満足
4.遺伝の幸福~親族
5.官能の幸福~快楽主義者
6.脳の幸福~知識人、ゲームを楽しむ幸福
7.リズムの幸福~ダンサー、コンサート、エアロビクス等でリズムに酔う幸福
8.痛みの幸福~マゾヒスト
9.危険の幸福~危険愛好者
10.こだわりの幸福~ヒステリック
11.静寂の幸福~瞑想者
12.献身の幸福~信仰者
13.消極的幸福~苦悩者
14.化学的幸福~麻薬服用者
15.ファンタジーの幸福~空想家
16.可笑しさの幸福~笑う人
17.偶然の幸福~幸運な人

著者は幸福の源泉はひとつではないので、すべての幸福の源泉を精査することを推奨している。

2010/4 アセット・アロケーション

2010/4末 時点のアロケーションを公開します。
アセットクラスの頭のアルファベットはiがインカム・ポートフォリオ、gがグロース・ポートフォリオを示します。(インカムとグロースの区別の考え方についてはこちらを参照)

現在50:50のインカム、グロース比を65:35に組み替える予定です。日本株式、新興国株式、商品を一部売却して日本リート、外国債券に投資するつもりです。

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー


2009/12末のアロケーションはこちら。この後に上場外債(1677)を購入したため外国債券のアロケーションが増加した。
by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー

この1週間(5月第1週)

歩数ジム備考
1土7,707●大勝軒(永福町)/叉焼麺
2日12,696不飲大日本橋亭落語会/旭堂南湖「西行」、春風亭一之輔「粗忽の釘」、三遊亭兼好「百川」、笑福亭たま「伝説の組長」、三遊亭遊馬「井戸の茶碗」、
座談会「柳家三三を斬る」@お江戸日本橋亭
3祝11,560妻の実家訪問
4祝13,022不飲馬るこのごっつぁん亭/入船亭辰じん「寿限無」&「イヤホンガイド付寿限無」
柳家ほたる、かぐや姫のフォークソング、「強情灸」、
鈴々舎馬るこ「宗論ミュージック」、「五人廻し」、「死神」@お江戸日本橋亭
5祝21,179
6木19,277不飲鼎談「話芸のエスプリ」/春風亭昇太、斉藤孝明治大学教授、塩崎淳一郎読売新聞記者@明治大学リバティーホール
7金17,920メタボリックシンドロームの予防法①/角尾肇日本女子大学特任教授
@淑徳大学池袋サテライトキャンパス   
●無敵家(池袋)/醤油つけ麺(特盛り)
14,765体重74.65㎏(前週比+0.60㎏)

久しぶりに東京で過ごしたゴールデンウィークだった。

「大日本橋亭落語会」は、各人がそれぞれ良い味を出し、座談会には前座の春風亭ぽっぽも加わって、大盛り上がり。上方のたまがオーガナイズした会だがいいメンバーが集まった。満足。

「馬るこのごっつぁん亭」は、馬るこがやりたいことをやる会。前座に2回「寿限無」をやらせ、2回めの「寿限無」で歌舞伎のイヤホンガイド的解説を同時に合わせる実験的試みをした。実際にはイヤホンを使わなかったので聞きづらかったが試みとしては面白かった。「五人廻し」では、吉原の戦後の歴史や警察の手入れについての豆知識を付加する工夫が冴えていた。

「話芸のエスプリ」の昇太の発言で面白かったのは、「自分は静岡出身なので東京出身の噺家のような江戸弁はどうせ話せないので、逆に落語家っぽくならないことで差別化を図ろうとしてきた」というもの。きちんと自分のポジションを考えて、今日の地位を築いてきたことが判った。

メタボリ予防①では、「空腹時には、まず空腹をがまんして脂肪を燃焼させろ」という教えが記憶に残った。食後すぐに運動すると食事で摂取したぶどう糖が燃焼して脂肪が燃焼しないという。空腹時に運動して、蓄積されている脂肪を燃焼させることが肝要。
食後の運動と、空腹時の運動は摂取カロリーと運動量が同じならば体重に与える影響は変わらないが、いったん脂肪になったものを燃焼させることは、生活習慣病の予防に役立つ、ということらしい。

体重が前週比+0.60㎏になったのは、無敵家のつけ麺(特盛り)の麺が0.42㎏もあったことが大きい。

ユーロ急落


今朝、起きてモーラングサテライトをみたら、ギリシアで緊縮財政に反対する暴動が再度発生したことを受けてNYダウが大きく下げ、ユーロが昨日の120円から114円に急落していることを報じていた。

市場は、ギリシアの債務不履行と南欧諸国への危機の伝播を織り込み始めているようだ。本当にギリシアがデフォルトすればユーロは更に弱くなると思うが、ギリシアがデフォルトしなければ、結果として現在の水準は売られすぎということもありうる。

また、円は対米ドル90円、対豪ドルでも80円と円高になっており、投機資金がリスク回避のために円を逃避先としているようだ。いずれ投資家の心理が落ち着いてくれば、また円安に戻るのではないか?

とりあえず、少額のユーロ建MMFを購入することにしてネット証券に注文を入力した。対ユーロ、対豪ドルで更に円高が進めば、ユーロ、豪ドルのMMFを購入するつもりである。市場の動きを注視したい。

言わずもがなですが、投資は自己責任でお願いします。

キャッシュフロー表の見直し(4)見直し結果

過去3回のエントリーに記載した内容(①厚生年金受給2年遅延、②企業年金受給30%減、③消費税率20%を前提とした生活費)でキャッシュフロー表を見直しした結果、早期退職後、年間1.5百万円の労働収入を65歳まで得ることができれば、資産の取り崩しや年金等の収入によって92歳まで資金が足りる計算となった。

1.5百万円/年の労働収入ならば、1万円/day X 3days/week X 50weeks = 1.5百万円 であり、なんとかなりそうに思える。これを、非常勤の仕事や、請負仕事で稼ぐことが目標である。早期退職までになんらかの準備をしておきたい。

今後、もっと詰めて考えなければならないのは資産運用利回り。このキャッシュフロー表は、資産の期待リターン4%、標準偏差ゼロ、で作成しているが実際の標準偏差は15%程度ありそうだ。この標準偏差をキャッシュフロー表にどう反映させれば良いのか判らない。

イーノさんのブログ、「ファンドの海」の記事「続、リスクが高まるとリターンを蝕んでいく。試せるグラフ付き」に、期待リターンと標準偏差(リスク)を入力すると経過年数による期待リターン、中央値、最頻値をグラフ化する機能がついている。これを使用して期待リターン4%、標準偏差15%を入力してグラフを作成してみた。この結果では、資産額の最頻値でみると10年後、20年後でもほとんど増えないようにみえる。平均ではなく最頻値ベースで考えることにすると、リターンを4%で計算したキャッシュフロー表は甘すぎることになりそうだ。

早期退職を実際に決定するまでには、頭をもっと整理しなければならない。

キャッシュフロー表の見直し(3)生活費について

キャッシュフロー表を眺めて、不安な不確定要素を考えてみると、前回、前々回のエントリーに記載した厚生年金、企業年金の給付条件の悪化の他に、必要な生活費の増加が挙げられる。

政府の財政状態をみると、すでに事実上破綻しているとみるべき状態なので、医療制度、介護制度の後退による生活費の増加や消費税引き上げによる生活費の増加を見込む必要があるように思える。

どの程度、見込めばよいかは難しいが、ここではベース生活費を、3年後に5%増、6年後に10%増、9年後に15%増としてキャッシュフロー表を作成しようと思う。

これは、消費税が3年後に10%に、6年後に15%に、9年後に20%に上がるイメージである。医療保険料、介護保険料の増加も想定すべきかもしれないが、ここでは消費税の増税分により、高齢化の進展によるこれらの保険財政悪化分は賄われるものとして、増加を想定しないものとする。

キャッシュフロー表の見直し(2)企業年金について

ぼくの勤務している会社は、退職金の一部を年金形式で受け取ることを選択可能にしている。現在適用されている利回りは、制度改訂前の日航の年金利回りほどではないが非現実的な高利回りである。

山崎元氏のダイヤモンドオンラインの記事、「企業年金、次の一手は店じまい!企業年金、次の一手は店じまい!」を読んで、へこんだ。薄々感じていたことだが、勤務先の経営が不振であることもあり、現在の企業年金制度の維持は期待できない。

そこで、企業年金の利回りを現行の利回りを、1.5%に引き下げて計算してみた。1.5%ならば仮に企業年金が廃止されても自力で達成可能な利回りと思う。

この結果、毎年の年金支給額は約30%減少する。前回計算した厚生年金の受給時期の2年後ろ倒しよりも、今回計算した企業年金の利回りの引き下げの方がインパクトが大きい。



キャッシュフロー表の見直し(1)厚生年金について

甘い想定で、キャッシュフロー表を作ってそれに基づき早期退職すると取り返しがつかない。現在、作成しているキャッシュフロー表は、社会保険庁に照会して入手した厚生年金の受取見込み額を元にしている。

先日、ダイヤモンドオンラインに、「厚生年金はあと16年 で破綻する!偽りの経済想定を捨て、制度改革を急げ」と題する野口悠紀夫さんの記事が掲載された。

この記事では、現行の厚生年金の想定が賃金が「毎年2.5%ずつ上昇する」という非現実なものになっており、これを賃金が「毎年0.5%ずつ低下する」に変更し、毎年の保険料から年金給付を差し引いた金額を積立金を取り崩すと、16年後に現在の積立金が枯渇することを検証している。

賃金が「毎年0.5%ずつ低下する」というシナリオは、憂鬱な前提であるが想定しておくべきものに思える。

野口氏は、対応として①課税が不十分な年金所得への課税、②デフレスライド制の導入、③支給開始年齢の引き上げ、④既裁定年金を含めた給付水準の引き下げ、を列挙している。

とりあえず、キャッシュフロー表の厚生年金による収入部分を、比例報酬部分と基礎年金部分の受取開始時期を2年遅らせる形で見直しすることにしよう。

この想定だと、早期退職時に必要な資産金額は、約4百万円増加することになる。少なくともこれくらいは想定しておかないで早期退職してしまうのは無謀であろう。
プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク