FC2ブログ

埋蔵金発掘作業

投資資金がないため、何かないかと探して、見つかったのが生命保険の配当金が剰余金として貯まっているものと、毎月1000円ずつ積み立てている財形年金である。今回、見つかったということは、当然、両方とも、ぼくのこれまでの資産管理対象外である。それぞれ、家賃一ヶ月分くらいの金額くらいである。

月曜日に生保のおねーさんに頼み、配当金払戻用紙を届けて貰い、速攻で今日、保険証券と共に返送した。僕にしては珍しく保険証券をすぐ見つけることができてすぐ手続きできたので嬉しい。きっと、来週には振り込まれるだろう。

財形年金の中途換金について、人事部に照会したところ、直近5年間の利息に対する課税があるとのこと。こちらもすぐ書類を提出したが、資金の受取は11月末あたりになるようだ。

いずれにしても、埋蔵金の発掘作業としてやるべきことはやった。

う~ん、この資金を何に投資しようかな?買いたいものが多くて、選ぶのが楽しみである。


スポンサーサイト



埋蔵金を探せ!

今、為替レートをみたら米ドル94.44、豪ドル58.56、ユーロ119.30と、更に円高が進行している。日経225の先物はシカゴ市場で7100円台まで値下がりしたようだ。

個人的な相場観として、豪ドルが40円台、ユーロが90円台になったら、ぜひ各通貨のMMFを買いたい。市場はオーバーシュートするのでそこまで円高が進行しない、とは言い切れないと思う。

また、J-Reit も買い増したい。

投資したいものはいっぱいあるのに、問題は、投資資金がないことである。そこで、投資資金捻出のために、どこかに眠っているお金がないか、探してみた。

探索の結果、以下の2つがみつかった。

①生命保険の配当金
②財形年金

①は保険会社に、少額だが貯まっていて払い出し可能であるのを思い出した。②は、昔、財形年金制度が導入されたとき、加入して毎月少額の積立しているもの。中途換金禁止だったかもしれない。

週明けには、①の払い出し手続きの依頼と ②の中途換金可否や利害得失の検討をしておこう。

今回の為替の円高や株式市場の低迷は、半年や1年程度は続きそうな気がするので、ぼくにとって、投資対象の価格はストライクゾーンに長く留まってくれると思う。あせって投資することなく、じっくり構えるようにしたい。

PS
一昨日、妻がついに証券会社に投資資金を送金した。週明けに1306を買うつもりらしい。これまで資産のほとんどを普通預金で保有していて投資資金が潤沢な妻が羨ましい。

今日、リートを買ってみました

フルインベストメント状態で投資原資はないのですが、リートの価格が低下してきて少ない金額でも買えるようになってきたので、ネット証券に資金を送金してチャンスを伺うことにしました。

昨日、資金移動をしてしばらく様子をみるつもりださったのですが、ニューレジデンス投資法人が民事再生法の適用申請をしてリートが安くなったので今日、ある銘柄のリートを買ってしまいました。思いの外、安く買えたことと、この歴史に残るであろう今日という日のバーゲンセール(?)に自分が参加できたことが満足です。

基本的には、資本主義という、欲望を燃料にするシステムのメカニズムを信じているので買ったのですが、まあ、もう、すでに物凄い金額の評価損を抱えているので、今日の投資分が仮にマイナスになっても誤差の範囲と思える気がしてるのも買いにいけた理由のひとつかもしれません。

(危険ですので、よい子はマネをしないでください。)

9月の評価損は大きかった!

月末を過ぎて、最初の週末なので恒例の資産時価評価をやってみた。かなり、酷いことになっているのは想像していたが、前月比の評価損は想像していた金額の1.5倍に達した。もしかしたら、運用のリターンは正規分布じゃなくファットテールになっているのかもしれない。

ぼくは、2005年7月から資産運用をやっているが、最大損失を記録した。ぼくは、商品、J-Reit、日本、欧州、米国、新興国の株式、米国債に分散投資しているがすべてのリスクアセットの評価が前月末比で悪化している。

考えたことは2つ。

ひとつは、自分のライフプランとリスク許容度のチェックである。年初からの評価損が年間貯蓄金額の2年分を超えた。2年後のイメージだった会社の早期退職時期は延ばすべきかもしれない。リスク許容度の面から考えると、評価損が年間貯蓄の3年分を超えると耐えられないかもしれない。また、実際に会社を早期退職したあとは、リスク許容度が今まで思っていたより大幅に下がりそうなので、退職後のアセット・アロケーションは見直しが必要な気がする。

ふたつめは、仮に自分がFPをやっていて、リスクアセットへの分散投資を他人に推奨していて、その人がその通りにして、今回の損失発生について「どうしてくれるんだ!」と怒鳴り込まれたらどうしていただろうか?ということだ。FPになってアドバイスするときは、その人の年齢や年収などの客観的データによるものに加えて、その人の性格も加味してリスク許容度を考える必要があるかもしれない。自分が、将来FPをやることがあるとすれば今月の下げ相場は良い経験だったと振り返ることができのではなかろうか?

ともあれ、元気を出すために、神戸ステーキのみその新橋店で3200円のステーキランチを食べた。
まずまずだが、ランチのコストパフォーマンスは、人形町今半とか、五反田のミート矢澤の方が良い。

プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2008/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク