FC2ブログ

投資したいのに、原資がない。

タイトルの通りである。今は投資のチャンスと思うので投資したいのにフルインベストメント状態で、追加投資ができない。

そこで、妻に投資をすすめている。シンプルに山崎元さんの推奨の世界株ETF60%、日本株ETF40%を推めている。彼女は現在、総資産の10%くらいを、日本株インデックスファンドと、バランスファンドに投資して、含み損を抱えている。本人も今がチャンスという自覚はあるのだが、まだ下がるのではないかと心配して躊躇している。安全資産が90%もあるのだから、リスク資産を10%から20%に増やして、更に市場が悪化すれば、30%に増加させればよいと思うのだが・・・。(ちなみに、妻はいわゆるキャリアウーマンで、人的資本はかなり大きい。)

以前、80歳の父親に、アセットアロケーションを考えて株式比率を下げるようにアドバイスしても聴いて貰えないし、妻に株式比率を上げるようにアドバイスしても聴いてもらえない。家族すら、投資に関するアドバイスをしてもこれを聴かず、いわんや他人をや、である。FPの資格をとろうと思っていたがアドバイスしても、影響がないかも、と思うと萎えてしまう今日このごろである。
スポンサーサイト



貸株サービスの利用とりやめ

メリルリンチとAIGが救済された。リーマンの破綻はともかくも、両社が救済が必要とされるほどの状態に陥っていたというのは、ぼくにとっては驚きだった。

ぼくは、単に驚いていただけで、自分がなにかしなきゃいけない、とは全く思ってなかったが、今朝、自分がネット証券の貸株サービスを利用していたのを思い出した。ぼくの資産の20%を占める日本株はぜんぶ貸株に出していたのだ。

この環境でノホホンと資産の20%をネツト証券の信用リスクにさらしておくのは賢明でない気がした。よく考えれば、平常時でもあんな微々たる手数料収入のために自分の資産の20%を単一の信用リスクにさらすのは考えものだ。信用リスクをとるのなら十分なリスク分散をしなければならぬ。

というわけで、本日、貸株サービスの解約手続きをした。実際に、リスクから逃げられるのは、執行される9/24となる。

こうして、微々たるものだが僕もマーケットの信用収縮の片棒をかついでしまったというわけだ。
プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク