FC2ブログ

年金受給権等を含めた総合アセットアロケーション


年金受給権、貸家を含めた総合アセットアロケーションを作成してみた。

厚生年金と、企業年金の一部が終身給付なので95歳!までもらうものとしてキヤッシュフローを2%で割り引いて現在価値を算出した。貸家については、現行の賃貸条件で今後8年間賃貸(うち2年間は空室)として、8年後に売却するものとした。売却価格は2年前に不動産業者に簡易査定してもらった金額を参考に決定した。

結果は、金融資産41%、企業年金23%、厚生年金22%、不動産14%となった。

各資産にかかるリスクを整理すると以下の通り。

金融資産にかかるリスクは、株価等投資元本価格の変動リスク、為替リスク、信用リスク。ぼくのアセットアロケーションは、株・商品の割合が約50%と高いためある程度インフレ・リスクはヘッジされていると考えている。

企業年金にかかるリスクは、信用リスク(勤務先の将来の破綻リスク)、制度改悪による減額リスク、インフレリスク。一部は修身給付なので長生きリスクをヘッジしている。

厚生年金にかかるリスクは、制度改悪による減額リスク。インフレリスクはマクロスライドにより一部ヘッジされている。終身給付なので長生きリスクをヘッジしている。

不動産にかかるリスクは、空室リスク、売却時の価格が想定以下であるリスク。

ぼくの金融資産の外貨割合は約6割、株式割合は約5割だが、総合アセットアロケーションでみれば外貨割合24%、株式割合21%となる。

資産の45%を占める年金受給権はインフレに弱い。ぼくは、政府の財政破綻→円安・インフレとなるシナリオを怖れているのでもう少し外貨比率、株式比率を上げてもよいかもしれないと思う。

単一のリスクとしては、勤務先の信用リスクが最大のリスクである。年金給付開始前と、年金給付開始後5年後以降は請求により現金一括給付可能な制度になっているので、勤務先の経営状況はよくチェックして危なくなったら請求して一括給付を受けるようにしなければならない。
スポンサーサイト



2011/04のアセット・アロケーション


2011/4末のアセット・アロケーションは下表の通り。
日本国先進国新興国合 計
株式18151750
債券2224
リート1515
商品
流動性
合 計403723100
日本:外国=40:60であるが、今後の退職金収入・年金収入が円建てであることに対し、日本の財政破綻→円安・インフレリスクをヘッジするため日本:外国=30:70ないしは、20:80にしておきたい。

そこで先進国株式の比率を上げておきたいところだが、NYダウ$12,800は高値圏にある気がするのでとりあえずは、外貨を買うことにしよう。

当面の投資方針は以下。
① 外貨の中では、ユーロ120円、豪ドル89円は割高、米ドル81円は割安と思うので、米ドルを購入する。
② 配当収入に見合う売却損を計上するため、日本株の含み損銘柄を一部売却をする。(期限:2011年12月)

なお、2010/12末は以下。新規投資をしていないので少し流動性が上昇した程度で大きな変化なし。

日本国先進国新興国合 計
株式19141851
債券2224
リート1717
商品
流動性
合 計413623100

11月のアセットアロケーション


2010/11現在のアセット・アロケーションは下表の通り。 商品は便宜的に新興国扱いとした。


全体の42%が円建て資産たが、円高のうちに円建て資産を30%くらいにしたい。
遠くない将来、アーリー・リタイアをすることを考えれば株式・商品は増やせない。

そうなると、購入を検討すべきは先進国債券または、先進国リートとなるか・・・。


日本国先進国新興国総合計
株式20151954
債券 119 020
リート16 0 016
商品 0 0 5 5
流動性 5 0 0 5
総合計423424100

2010/4 アセット・アロケーション

2010/4末 時点のアロケーションを公開します。
アセットクラスの頭のアルファベットはiがインカム・ポートフォリオ、gがグロース・ポートフォリオを示します。(インカムとグロースの区別の考え方についてはこちらを参照)

現在50:50のインカム、グロース比を65:35に組み替える予定です。日本株式、新興国株式、商品を一部売却して日本リート、外国債券に投資するつもりです。

by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー


2009/12末のアロケーションはこちら。この後に上場外債(1677)を購入したため外国債券のアロケーションが増加した。
by 投資信託のガイド:ポートフォリオグラフメーカー

二極ポートフォリオへの移行

以前の記事(こちら)に書いたように、ポートフォリオをキヤッシュフロー表上の基本生活費に対応するインカム・ポートフォリオと特別費に対応するグロースポートフォリオに分割することを考えている。

今年、最初の月末を迎えたのを機に現在の保有資産をインカム・ポートフォリオとグロースポートフォリオに分割した。いまのところ、流動性資金、国内債券(生保解約返戻金時価)、海外債券(米国国債、MMF)、Jリート、日本株式(現在の時価に対する配当利回りが2.5%超の8銘柄)をインカムポートフォリオとして、国内株式(インカムポート以外16銘柄)、海外株式、新興国株式、商品をグロースポートフォリオとした。

目標では、インカム:グロース=6:4くらいだが、現状は4:6になっている。今後、グロースポートフォリオの資産をタイミングを図り、売却してインカムポートの海外債券・Jリートを積み増すつもりである。インカム・ポートのうち元本取り崩しを予定しない資産については平均3%程度の利息・配当金を確保したい。

現在はユーロが125円台と弱含んでいるので、タイミングをみてユーロの構成比が大きい上場外債(1677)あたりを狙ってみたい。

売却の方は、そのうち風向きが変わって新興国株式、商品が上昇したところでこれらを売却したい。

気をつけなければならないのは、これらのアセット価格が上昇する局面では、インカムポート用の運用利回りが低下する可能性が高いことである。多分、新興国株式の売却代金が、即インカムポート用資産の購入代金にはしにくいことが予想されるので、各資産の価格動向を睨みながら実行したい。

プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク