FC2ブログ

豪ドルMMF購入


豪ドルが対円で下落して73円台になっている。

オーストラリア経済は堅調で高金利(豪ドルMMF金利3.754%)、同国が資源国であることを考えれば、この水準は魅力的と思い、少額であるが昨日、MMFを購入してみた。

ギリシア問題によりリスク回避の動きが強まり、豪ドルに限らずリスクアセットの相場が下落している。ボーナスは2年前の半額しか貰えないが、せめてボーナス支給までは現状の相場状況が継続してもらいたいと思う。


スポンサーサイト



ユーロ急落


今朝、起きてモーラングサテライトをみたら、ギリシアで緊縮財政に反対する暴動が再度発生したことを受けてNYダウが大きく下げ、ユーロが昨日の120円から114円に急落していることを報じていた。

市場は、ギリシアの債務不履行と南欧諸国への危機の伝播を織り込み始めているようだ。本当にギリシアがデフォルトすればユーロは更に弱くなると思うが、ギリシアがデフォルトしなければ、結果として現在の水準は売られすぎということもありうる。

また、円は対米ドル90円、対豪ドルでも80円と円高になっており、投機資金がリスク回避のために円を逃避先としているようだ。いずれ投資家の心理が落ち着いてくれば、また円安に戻るのではないか?

とりあえず、少額のユーロ建MMFを購入することにしてネット証券に注文を入力した。対ユーロ、対豪ドルで更に円高が進めば、ユーロ、豪ドルのMMFを購入するつもりである。市場の動きを注視したい。

言わずもがなですが、投資は自己責任でお願いします。

資産運用での来年の課題

過去3年間の投資の騰落率は、2007年+3.6%、2008年-41.7%、2009年+21.1%となった。
2009年の回復は大きいようにみえるが、2007年末の資産額を100とすれば、2009年末の資産額は72に過ぎない。

いずれにしても、アーリーリタイアを前提としているので人的資本が小さいぼくにとっては、現在のアセット・アロケーションのボラテイリティが高すぎる。

また、投資商品の整理が必要である。時間の経過とともに良いファンドやETFが販売されるようになっているので、次々に投資対象を変えたため、各アセットクラスで投資対象商品が増えてしまっている。

日本株式は1306、先進国株式はTOK、新興国株式はVWO、商品はGSG、Jリートは1345、外債は1677に集約しようと思う。

集約の課程で、ボラティリティを少し下げるために、これまでやったことのない定期預金に資金を振り向けることを考えようと思う。

これが、ぼくの資産運用での来年の課題である。

大晦日も、まもなく23時になろうとしている。

みなさま、良いお年をお迎え下さい。

耳が痛い話~山崎元著「資産運用実践講座」を読む

山崎元著「資産運用実践講座」を読む。

ぼくの運用方針にダメ出し続出である。以下、ダメ出しされたポイント。

① 「住宅ローンを返済してから運用すべき。」

P-8でローン返済が証券市場線の上方にあり、株式等が証券市場線の下方にあることを示して説明。このグラフを使った説明は秀逸で、ローンを返済してから運用すべきという主張を、リスク対比のリターンという土俵の上で初めてロジカルに理解した。

② 「インカム・ゲインとキャピタル・ゲインを区別すべきではない。」 
③ 「目的別資金運用は非効率」
④ 「投資は自分の買値を基準に判断するな」

ぼくは、退職後の生活費を補うインカムゲイン志向(リート、債券、優先株、劣後債)のボートフォリオとキャピタルゲイン志向(内外株式、商品)のポートフォリオを分けて構築することを考えている。

①~④のすべての指摘は、心にひっかかるが例えば、現在の大きな含み損を抱えた状態でポートフォリオの一部を売却して生活費に充当するような精神力は、ぼくにはない。

指摘事項については、心に留めながらも、今のところは既定方針を維持しようと思う。

最近の株高・円安傾向について

最近、株価が上昇し、円安も進んでいる。

そのおかげで、ぼくの資産評価額も上昇している。うれしい気持ちがある反面、投資資金不足で絶好の投資のチャンスを逃してしまった、という残念な思いも大きい。

豪ドルは一時の50円台から僕が買えないまま72円になってしまった。
次ぎのチャンスを粘り強く待とう。
プロフィール

しゅうん

Author:しゅうん
・50才を超えたサラリーマン。家族はキャリアウーマンの妻、子無し。

・55才までにサラリーマンをアーリー・リタイアして、大学か大学院で人間や社会について学びたいと思っています。何を専攻するかのヒントを得るため各種の公開講座に参加するようにしています。

・アーリー・リタイアといっても、完全に仕事から引退するのではなく、週3日~4日は何らかの形で働きたいと思っています。ただし、その場合、好きなことを仕事にするようにしたいと考えています。

・アーリーリタイアの準備(資産形成、健康、生きがい、趣味等)を中心に記事をエントリーしています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
過去ログ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク